私達の披露宴

私が披露宴を挙げた、2005年07月17日。
札幌市内の教会での挙式後に、市内ホテルに移動して披露宴を行いました。
そのときのことを振り返ってみようと思います。
教会からホテルに着くと、普通にドレスを着たままロビーを通り抜けて控え室に向かいました。
土日はお嫁さんがロビーを横切るなんて当たり前なのかもしれませんね。
披露宴開始まで時間もそんなになく、軽く髪型と化粧直しをし、ウェディングドレスが2wayタイプだったのでチェンジ。
まぁ、新郎は暇ですね。
やること無しです。
すぐに親族控え室で親族紹介を行いました。
新郎の父から新郎側親族の紹介。
続いて新婦の父から新婦側親族の紹介。
今までにも会う機会が何度かあったので、リラックスした雰囲気でした。

いよいよ披露宴会場に向かい、扉の外で待機します。
私はドキドキよりワクワク!
若かったせいか終始緊張せず楽しんでいたことを覚えています。
今思うと、まだまだ昔ながらの披露宴の時代でした。
挨拶が長いんですよね~(笑)。
乾杯までが非常に長い!
やっと飲食開始。と思うとたくさん友人が高砂にきてくれてあっというまにお色直しの一旦退場に。
このときに使っていたブーケを大好きな大切な親友にプレゼントしました。
ブーケトスにしなかったのは、この親友に直接渡したかったから。。。
とても気に入っていたウェディングドレスを脱ぐのが悲しかったなぁ~。

お色直し後はケーキブッフェに私たちが立ち、皆さんに取り分けたり会話したり和やかに。
サプライズで来月に挙式を控えていた、主人のお兄さん夫婦をお祝いしました。

続いてお決まりのキャンドルサービス。
キャンドルリレーといい、各テーブルの一人に新郎新婦の火を繋ぎ、隣席にどんどん回してもらうとものにしました。
最終的には一人ひとつキャンドルの火があたり、とても綺麗な光景に。
いっせいに火を吹き消しました。
司会者からの「新郎新婦の幸せを願って、、、」なんてナレーションがありました(笑)。
それからお父さんお母さんに花束贈呈と手紙。
私、前日に書きました。
しかも書き進まない(笑)。
当日も涙一つ見せずに堂々と読み上げてしまい、親戚から「二回目か(笑)?」と突っ込まれました。
でもいいんです!
私は涙涙の結婚式より、笑顔溢れる結婚式が好きだから。
おかげで仕上がった写真は笑いすぎてブサイクなものばかりでした~。
退場では友人一同、長いトンネルを作って見送ってくれたり若いならではのお祭りのような結婚式だったと思います。

あ~もう一度結婚式したいなぁ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>